肌のたるみが進行してしまう主な理由

お肌のトラブルは様々なものがありますが、加齢などによる肌のたるみもその一つです。たるみは、実年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えるなどいいことは何もありません。たるみが進行してしまう主な理由には、大きくわけて3つあります。
まず1つ目は、肌の弾力の低下です。

 

お肌の表面は、表皮、真皮、皮下組織にわかれていますが、真皮の部分はコラーゲンやエラスチンがバネの役割をして肌に弾力をあたえています。これらが何らかの原因で減少すると、弾力が失われます。弾力が失われる原因には紫外線、生活習慣、乾燥、加齢などがあげられます。紫外線を浴びると、細胞にダメージを与えて、コラーゲンやエラスチンが失われて肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、乾燥、毛穴の開きによるたるみも引き起こします。

 

またバランスのとれた食生活や十分な睡眠は肌に栄養を与えて、若々しさを保つ手助けをしてくれます。2つ目は、表情筋とその表情筋を支える深層筋の衰えです。
これらの筋肉が衰えると血行が悪くなり十分な栄養が肌に行き渡らずにたるみの原因となります。3つ目は、姿勢の悪さです。顔の肌とからだは繋がっている為、長時間のデスクワークや悪い姿勢は顔の筋肉を引っ張り、たるみの原因となります。

 

目元や目の下にハリを出すためには様々な方法がありますが、その方法を特集したサイトがあります。
目元のシワを解消する方法の参考になるサイトはこちらです。

2016/09/09 17:53:09 |
顔つきのにきびが気になってきた時折、負荷の手強いコスメを通じていないか確認してみましょう。とくに40代の顧客は、若々しい顧客について皮膚の公が負荷に弱くなっていますので、コスメの種類を選ばないという、炎症も起こり易くなる。使用しているコスメに配合されている、化学物の種類や容量によっては、お皮膚に付けたら大きな負荷となってきますので、にきびが何やら改善して欠ける時折、原料を確認してみるとよいでしょう。
2016/09/09 17:50:09 |
顔のしわは加齢による現象であることが多いのですが、中には若くてもできてしまうケースがあります。その主な要因は乾燥であり、顔のしわと乾燥には深い関係性が指摘されています。肌中の水分量が減ることで潤いも失われますが、そうすると肌は防御反応を働かせて角質細胞を増やします。角質細胞が急激に増えると皮膚が厚くなってキメが粗くなりますので、細胞と細胞の間に隙間があいてしまいます。