顔のしわと乾燥の関係性について

顔のしわは加齢による現象であることが多いのですが、中には若くてもできてしまうケースがあります。その主な要因は乾燥であり、顔のしわと乾燥には深い関係性が指摘されています。
肌中の水分量が減ることで潤いも失われますが、そうすると肌は防御反応を働かせて角質細胞を増やします。角質細胞が急激に増えると皮膚が厚くなってキメが粗くなりますので、細胞と細胞の間に隙間があいてしまいます。

顔のしわと乾燥の関係性について

この隙間が乾燥の原因となり、目や口の周り、額などは特にしわができやすくなります。表面に影響が留まっているうちに適切なケアを行えば、真皮まで影響が及びません。早い段階でのケアが非常に有効とされていますので、気付いたら自分に合った方法でお手入れを実践することが大切です。
ケアに効果的なのは、保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドです。これらの含まれる化粧水や乳液を取り入れることで、適度な潤いを保つことができます。お手入れを続けていくうちにターンオーバーの働きが強化されて細胞の生まれ変わりが促進されます。その結果、厚くなった皮膚も短期間で元通りになりますし、キメも整います。細胞と細胞の隙間があかないようにするためには、こうした保湿ケアが重要です。